BACK TO TOP

JR東日本 TRAIN SUITE 四季島

HOME > DESIGN CONSULTING > WORKS > Cruise Train

TRAIN SUITE 四季島
TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA

JR東日本が2017年春からの運行開始を予定している豪華クルーズトレイン「TRAIN SUITE 四季島」の内外装を担当しています。新造車両としての基本的なコンセプト策定から車両割り付け、家具デザイン、サービスのありかた、そしてネーミングからロゴマークまでトータルでデザインをプロデュースしており、
「時間と空間の移り変わりを楽しむ列車」をキーワードに、JR東日本のフラッグシップに相応しい重厚感と美しさと、富裕層を中心とした本物の分かる顧客層へアピールする上質な内装を追求しています。また、日本海から東北沿線の美しい自然と文化を堪能できる展望スペースやメゾネット式のスイートルームなど提案性の高い車内レイアウトにより、この旅でしか体験できない特別なエクスペリエンスを盛り込みながら開発を進めています。
「美しい日本」、「豊かな時間と空間」、そして「日本の文化」を楽しむこの列車は、「さりげなく深い知の感動を与える舞台」として世界最高クラスのクルーズトレインとなります。

The name of the Cruise train of JR East was decided in ” TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA”. It was named with thought to be the train which enjoyed a change in time and space, and feeling the beautiful four seasons and tradition of “Shiki-shima” which was Japanese old name of country. “TRAIN SUITE” is a subtitle as meaning of that the train is being placed as JR EAST flagship with all room suite. The emblem and the logo that we designed express a travel feeling the beautiful four seasons and tradition.

▶JR東日本”TRAINSUITE 四季島”公式サイト/JR EAST ” TRAIN SUITE SHIKI-SHIMA” official site


© 2017 KEN OKUYAMA DESIGN. ALL RIGHTS RESERVED.