BACK TO TOP

南部鉄器 ティーポット ORIGAMI & SQUARE

HOME K.O CASA > ORIGAMI & SQUARE

南部鉄器 ティーポット「オリガミ & スクエア」
NANBU TEKKI TEAPOT “ORIGAMI & SQUARE”

南部鉄器 ティーポット ORIGAMI & SQUARE 岩鋳職人 八重樫 亮

南部鉄器とは
About NANBU TEKKI

「国の伝統的工芸品」第1号の指定を受けている南部鉄器は、17世紀中頃、南部藩主が京都から盛岡に釜師を招き、茶の湯釜を作らせたのがはじまりです。以来、岩手県盛岡は良質な原材料に恵まれていたことや、藩が保護育成に努め全国各地から鋳物師・釜師を召し抱えたことで発展を遂げてきました。
※ 国の伝統的工芸品・・・通商産業大臣(現・経済産業大臣)指定の工芸品。南部鉄器は1975年に指定を受ける。

ティーポット「オリガミ & スクエア」は、1902年創業の南部鉄器の老舗「岩鋳」で製作されています。

In Tohoku region, there are a few places traditionally making cast iron wares: Morioka, Mizusawa and Yamagata. Among these places, Morioka and Mizusawa are the most famous in iron ware, and it is known as Nanbu Tekki. Mizusawa had a longer history in iron casting and their main product are daily cook wares and Morioka-Nanbu specialized in tea wares. They developed high-level craftsmanship thanks to the firm support by the Nanbu clan. Nanbu Tekki was certified as a Traditional Craft of Japan in 1975.

Tea pot “ORIGAMI” and “SQUARE” are made by long-established store of Nanbu Tekki “IWACHU” : established in 1902 at Morioka.

 

南部鉄器 ティーポット ORIGAMI & SQUARE

南部鉄器の特徴
Characteristic of NANBU TEKKI

繊細な鋳肌と重厚な味わいのある着色が特徴。飲み物を適切な温度で保つことのできる鉄鋳物です。また、内側は琺瑯仕上げのため錆びる心配なくご使用いただけます。日本茶の急須として、紅茶、中国茶などの茶器としてはもちろん、コーヒードリップ用のポットとして、さらに日本酒や焼酎などの酒器としてもご利用いただけます。
The characteristic of Nanbu Tekki has a sophisticated surface and a deep coloring. It is made of iron material for keeping drink at the appropriate temperature, and has non-rusting inside finished with enamel. You can use it for serving Japanese tea, black tea and Chinese tea, even dripping coffee and as a container of Japanese sake or white distilled liquor.

 

南部鉄器 ティーポット ORIGAMI & SQUARE

オリガミ – ORIGAMI

折り紙で折ったような多面体を表現したティーポット。ダイヤモンドのカッティングのようなシャープなエッジが特徴です。このティーポットは、砂型で一体成型されています。これは、中と外の型を合わせる製作方法のため、オリガミのように多角形の複雑なシルエットは、精度を要する難しい形状になりますが、岩鋳の長年培ったノウハウと技術で見事に再現されています。取手は最も単純で美しい日本刀をイメージして作られました。
Body shape of this tea pot is expressed by origami-folding polyhedron. It has a characteristic shape edge as a diamond cutting. The teapot is integrally made by sand molds. The polyhedron complex silhouette is difficult for sand casting but IWACHU’s know-hows and craftsmanship make it possible.
The handle is inspired from Japanese sword KATANA which has the most simple and beautiful form.

KEN OKUYAMA Webshop 南部鉄器 ティーポット ORIGAMI ページへ

 

南部鉄器 ティーポット ORIGAMI & SQUARE

スクエア – SQUARE

膨らみのあるスクエア形状のティーポット。底部にかけて細くなっていく絶妙なラインが美しい、軽やかでモダンなデザインが特徴です。本体と蓋の一体感のある形状は、精度の高い型と丁寧な仕上げにより美しく再現されています。取手は最も単純で美しい日本刀をイメージして作られました。
This tea pot has an inflated square form. It has a characteristic light and modern line of being tapered to the bottom. The form with a feeling of oneness for a lid and a body is beautifully expressed thanks to the high precision molds and finishing processing. The handle is inspired from Japanese sword KATANA which has the most simple and beautiful form.

KEN OKUYAMA Webshop 南部鉄器 ティーポット SQUARE ページへ

 


© 2017 KEN OKUYAMA DESIGN. ALL RIGHTS RESERVED.