BACK TO TOP

kode9 Spyder

HOME > K.O CARS > CARS > kode9 Spyder

kode9 スパイダー
kode9 Spyder

東京モーターショー2015にて発表された、オープンエアを楽しむことができるライトウェイト・スパイダーです。
kodeシリーズに設定される2座ライトウエイト・スパイダーモデルで、クーペモデル譲りの基本プロポーションの持つ魅力をひたすらシンプルにまとめ上げたスタイリングコンセプトは、よりエレガントな表情を醸し出し、力強いフェンダーアーチはリアルスポーツカーとしてのアイデンティティを表現します。
The kode9 Spyder prototype, a lightweight ‘wind‐in‐the‐hair’ spyder headed for production in 2016.
Following in the footsteps of the kode9 coupe, Ken Okuyama Design revealed its world premiere for Tokyo, the lightweight two‐seater kode9 Spyder prototype. This design study takes the original proportions of the kode9 coupe and adds an extra air of elegance, while at the same time, integrating a bold fender arch that gives it the nuance of a true sports car.

クーペのスポーティーさをそのままにオープンエアを楽しむことができるスパイダーは、ボディ剛性、重量増加などのオープン化によるスペックダウンは一切ありません。それどころか、各種ボディ構造の改良やソフトトップの採用により、クーペモデルより軽量化を達成しています。
It might boast the kode9 coupe’s sportiness and wind‐in‐the‐air thrills of a spyder, but no compromises have been made in body rigidity or curb weight. In fact, improvements in body construction and software updates have actually reduced the car’s overall weight.


ミッドマウント横置きエンジン
A transversely mounted midengine

ミッドマウント横置きエンジンは、カスタマーの好みにあわせてセレクトが可能です。東京モーターショー展示バージョンはスーパーチャージャー付き 1.8 リッター4気筒エンジンが搭載されており 780kg の軽量ボディ(ライトウェイト・カーボンファイバー仕様)とのコンビネーションにより、低重心化されたボディ構造と相まって世界最高レベルのハンドリングをお楽しみ頂けます。
Like the coupe, the kode9 Spyder is configured for a transversely mounted midengine layout, but the customer may select their own brand of engine. Our 780kg (lightweight carbon fiber body version) display model combines a supercharged 1.8 liter, 4‐cylinder engine with a low center of gravity and
inspired sports car dynamics to deliver world‐class levels of handling.


受注
Production on orders

2016年生産を予定しており、限定数 5 台の受注を東京モーターショーの公開をもって開始致しました。価格は仕様によって異なるため KEN OKUYAMA CARS にてお見積もりいたします。
KOD commenced taking a limited run of five orders from the day the motor show opens. Price will depend on specification, so please make enquiries directly to Ken Okuyama Cars.


© 2018 KEN OKUYAMA DESIGN. ALL RIGHTS RESERVED.