BACK TO TOP

JR-EAST E235

HOME > DESIGN CONSULTING > WORKS > JR-EAST E235

JR山手線E235系
JR-EAST E235

2015年秋から運行開始予定のJR山手線E235系の内外装全体のデザインプロデュースをKEN OKUYAMA DESIGNが行いました。
KEN OKUYAMA DESIGN is in charge of exterior and interior design of JR East brand-new Yamanote train “Type E235″.

エクステリアデザイン
Exterior Design

「お客さま、社会とコミュニケーションする車両」をデザインコンセプトに、前面の大きな窓や表示装置で、人と人、人と社会を繋ぐ情報の窓を表現。伝統のウグイス色をモダンなグラデーションにした縦のラインカラーはホームドアに対応し、新時代の通勤電車としての機能性と斬新さを融合させています。
It has a large front window with a LED display that connects people and society as showing its design concept “Communication Train”. The doors are painted with modern gradations of the traditional Uguisu green to be identified over the platform screen door, and it also helps the image of the new age commuter train which has both of functionality and novelty.

インテリアデザイン
Interior Design

中吊り広告の代わりにデジタルサイネージが設置された内装は、室内を広く見せるばかりではなく、アニメーションやインターネットとの連携など次世代の新しい広告表現を可能にします。
また床や扉にも外観と同じグラデーションのラインを配し、ウグイス色に塗り分けられたシートや吊り手と合わせ、扉の位置や人の動線を直感的に伝えることで誰にでも分かりやすく使いやすい室内を目指しました。
あらたに優先席が増設され車椅子やベビーカーにも優しいフリースペースは、赤系に色分けされており、多くの人がより快適に利用できるように配慮されています。

最新技術を取り入れた次世代通勤電車E235系は、首都東京の新しい顔として、また2020年開催の東京オリンピックでは技術とホスピタリティーの国・日本の象徴として、広く国内外にアピールして行きます。

In the interior, there are only simple digital signage as a replacement of hanging ads posters, and gradual lines on the doors and floor help to find intuitively the location of doors and traffic lines to move. Uguisu greened hanging straps are very noticeable and easy to hold, and the priority spaces separated by red colored are considered so that many people use it more comfortably.
Please do look forward to starting the operation of E235 from autumn of 2015 in the Yamanote line.


© 2017 KEN OKUYAMA DESIGN. ALL RIGHTS RESERVED.