BACK TO TOP

Fuji

HOME K.O CASA > FUJI

玉川堂が造る鎚起銅器
Hammered Copperware by Gyokusendo

金「鎚」で、打ち「起」こしながら、器を作り上げていく「鎚起」銅器。
鎚起銅器の製作には 様々な道具を使用し、
湯沸を製作するためには数十種類の鳥口(鉄棒)、金鎚を使用します。
銅を叩いて伸ばすのではなく、叩きながら縮めていきます。
縮めるのも丸めるのも職人の勘一つ。湯沸の寸法はすべて職人の頭の中にあるのです。
一度叩くと銅は硬くなるため、製作途中に火炉の中に銅器を入れ柔らかくします。
最後に玉川堂独自の着色を施し、職人の幾つもの技が織り込まれた湯沸が完成します。
Tsuiki Douki is a type of copperware created by hammering; a special technique called Uchiokoshi (metal raising) is used. Many tools are required to create a Tsuiki Douki water pot: dozens of metal sticks, and hammers. Once beaten, the copper gets harder, and is put in the fire in the middle of the process in order to soften the copperware. Last but not least, unique colors are added, and the water pot that required a dozen of techniques is finally ready.

 

高度な伝統技術に現代のデザインをプラス
The traditional technique with a modern design

FUJIは、その職人が1点ずつ銅板を叩いて作り上げる鎚起銅器に、リンゴをイメージしたフォルムと岩肌のようなテクスチャーを表現した、伝統とモダンなスタイルが融合したティーポットです。
独特な存在感を持つ伝統的なフォルムと、見る角度によって微妙に色合いや表情を変える複雑な肌あいが魅力のひとつです。
茶筒の本体と蓋の精度は職人の技を感じられる仕上がりとなっており、気密性にも大変優れています。
The “FUJI” is a tea pot which is Tsuiki copperware (Hand-hammered Copperware) inspired from the form of an apple and rock like texture, and inherit until the next generation. It’s a beautiful tea pot which was born in the collaboration of the traditional technique of the intangible cultural property”GYOKUSENDO CO.,LTD.” and a modern design of KEN OKUYAMA DESIGN.
One of the charm is its traditional form, which changes its expressions and colors slightly when seen from different angles.

ここでしか表現することのできない
美しい色彩
Very unique color

玉川堂が長年かけて独自開発した溶液に浸すことと、独自の手順により、世界無二の色彩に仕上がります。
使用後に乾拭きを繰り返すことで、使うほどにその色合いが深まり、光沢が加わっていきます。
Soaking into GYOKUSENDO’s original solution as well as its original process make its finished color very unique.
Drying it after use gives a much deeper color and brightness.

KEN OKUYAMA WEB SHOP / FUJIページへ