BACK TO TOP

TOKYO MOTOR SHOW Booth Design

HOME > DESIGN CONSULTING > WORKS > TOKYO MOTOR SHOW Booth Design

東京モーターショー ブースデザイン
TOKYO MOTOR SHOW Booth Design

2013年11月から開催された東京モーターショー2013に出展した自社ブース。
フォトブースをコンセプトとし、各展示車体に対して上部から吊り下げ式のライティングボックスを吊下げる事で、展示車のボディー形状を強調する照明の演出効果を狙うと同時に周囲からのアイキャッチとしての効果も狙いました。
各展示車の真上にボックスを設置する事で、環境光を一旦遮断。車体専用の光で車を演出する事が出来たので、下面だけが光っているボックスがブース上に存在する、浮遊感のあるブースに仕上がりました。

Our company booth at Tokyo Motor show held in November 2013.
We aimed to attract visitors by hanging the lighting box overhead to emphases the lighting effect to the displayed car bodies.
By setting the lighting box just below each of the displayed car, we were able to shut the surrounding lights and made the effect that the cars were actually floating.


© 2018 KEN OKUYAMA DESIGN. ALL RIGHTS RESERVED.