BACK TO TOP

JEOL JSM-IT300

HOME > DESIGN CONSULTING > WORKS > JEOL JSM-IT300

日本電子のJSM-IT300
JEOL JSM-IT300

日本電子のJSM-IT300(走査線型汎用電子顕微鏡)のデザイン。従来は筐体によって隠されてきた鏡筒のステンレスに輝く美しさに注目し、ここをデザインポイントとして積極的に見せて行くデザインを提案。同時に、これまでベージュのみの同社顕微鏡ではじめて真っ黒なボディも提案。精緻感やブランドへのロイヤリティを最重要部材である鏡筒を「見せる、魅せる」意匠とし、子供の頃に慣れ親しんだ顕微鏡のような「黒」を光学機器の象徴としてカラーリングに採用し、業界に新風をもたらしました。
2013年に幕張メッセで行われたJASIS(分析器展示会)での発表では弊社代表の奥山自身がデザインコンセプトを語り、その黒いボディと鏡筒を中心にした斬新なデザインが国内外から注目を浴びました。

The design of the JSM-IT300 (Scanning Electron Microscope) by JEOL.
JEOL suggested the beauty of hidden stainless mirror scope to be a focal point for designing. At the same time, proposed the black body compared to its original beige, and suggested the idea of showcasing the hidden parts such as lens tubes, which marked a new phase in optical instrument industry.
Presented its concept and design by the president Okuyama at JASIS (the expositions for analytical instruments) at Makuhari Messe in 2013, it attracted international attention for its innovative black body and lens tube.


© 2018 KEN OKUYAMA DESIGN. ALL RIGHTS RESERVED.