BACK TO TOP
1

news 2015.04.01

雑誌 デザイン pen

pen 4/15号(CCCメディアハウス)特集『世界に誇るべきニッポンの100人』の1人として、奥山が紹介されています!「世界を見たデザイナーは、準備を怠らない。」と題して、本人のコメントも掲載されています。
Okuyama is selected as one of the “100 Japanese who should be proud to the world” in a special feature of pen (CCC Media House) April 15th issue! Titled ” The designer on the world stage keeps his powder dry”, it is introduced with Okuyama’s comment.

 

29

news 2015.03.29

3月29日(日)JR釜石駅前に、ホテル フォルクローロ三陸釜石がオープンしました。SL銀河の世界観を再現したコンセプトルーム「SL銀河ルーム」は、4月25日から釜石駅と花巻の間で今年の運行が開始する「SL銀河」の内外装と同様にKEN OKUYAMA DESIGNがデザインプロデュースをしました。詳しくは、ホテル フォルクローロ三陸釜石 公式サイトをご覧ください。
On last Sunday 29 March, HOTEL FOLKLORO Sanriku-Kamaishi opened in front of JR Kamaishi-station.The conceptual ” SL GINGA ROOM” is reproducing an atmosphere of SL GINGA’s world view. It is designed by KEN OKUYAMA DESIGN as the interior and exterior of the train and the service will start from 25 April between Kamaishi-station and Hanamaki-station. Please visit the hotel’s website for further information.
《画像提供:JR東日本、JR東日本盛岡支社》

▶ホテル フォルクローロ三陸釜石 公式サイト



28

news 2015.03.28

3月28日(土)、JR東日本の山手線E235系量産先行車が報道公開されました。KEN OKUYAMA DESIGNは、全体のデザインプロデュースをしています。
「コミュニケーションする車両」をデザインコンセプトに、前面の大きな窓や表示装置で、人や社会を繋ぐ情報の窓を表現。伝統のウグイス色をモダンなグラデーションにした縦のラインカラーはホームドアに対応し、新時代の通勤電車としての機能性と斬新さを融合させています。
デジタルサイネージを設置した内装は、床や側扉にグラデーションのラインを配し、扉の位置や人の動線を直感的に伝えます。ウグイス色の吊り手は、分かりやすく持ちやすく、赤系に色分けされた優先エリアは多くの人がより快適に利用できるように配慮されています。2015年秋から山手線で運行開始予定のE235系に是非ご期待下さい。
JR East brand-new Yamanote train “Type E235” which KEN OKUYAMA DESIGN is in charge of exterior and interior design was shown to the media today, Saturday 28th. March. It has a large front window with a LED display that connects people and society as showing its design concept “Communication Train”. The doors are painted with modern gradations of the traditional Uguisu green to be identified over the platform screen door, and it also helps the image of the new age commuter train which has both of functionality and novelty.
In the interior, there are only simple digital signage as a replacement of hanging ads posters, and gradual lines on the doors and floor help to find intuitively the location of doors and traffic lines to move. Uguisu greened hanging straps are very noticeable and easy to hold, and the priority spaces separated by red colored are considered so that many people use it more comfortably.
Please do look forward to starting the operation of E235 from autumn of 2015 in the Yamanote line.
《画像提供:JR東日本》

▶JR東日本様 2014年7月2日発表 プレスリリース



26

news 2015.03.26

アルファロメオ デザイン 雑誌 車

アルファロメオとKEN OKUYAMA DESIGNがコラボした特別仕様のジュリエッタ “KEN OKUYAMA SPECIALE (ケンオクヤマ スペチアーレ)”は、KEN OKUYAMA CARSの “kode9″,”kode7 Cluman” をモチーフに作られました。3月26日発売のOctane 日本版vol.9 2周年記念号(ハースト婦人画報社)では、今回のコラボレーションについて奥山が詳しく語っています。
The special model of Giulietta “KEN OKUYAMA SPECIALE” is a first model that KEN OKUYAMA DESIGN collaborates with AlfaRomeo and it is made with an inspiration from “kode9” and “kode7 Clubman” of KEN OKUYAMA CARS. Okuyama talks in regards to the details of this collaboration on Octane japan edition vol.9 the second anniversary issue ( Hearst Fujingaho Co., Ltd ) . Octane is released on March 26th.

 
 

25

news 2015.03.25

デザイン 北陸新幹線 雑誌

3月25日発売のForbes JAPAN 5月号(プレジデント社)、スペシャルインタビューページでは、「ビジネスをデザインするモノ作り」というテーマで奥山が語っています。KEN OKUYAMA DESIGNがインテリアからエクステリアまで全てのデザイン監修をした話題の北陸新幹線についても触れていますので、是非本誌をご覧ください。
On March 25th.,Forbes JAPAN May issue (President) is released and Okuyama talks about “Monozukuri (building things) that designs the business” on the special interview page. He also makes a reference to the topical Hokuriku Shinkansen that KEN OKUYAMA DESIGN produced from exterior to interior.

 

18

news 2015.03.18

とれいゆ JR つばさ 足湯 リゾート デザイン

KEN OKUYAMA DESIGNは、このたびJR東日本様から「とれいゆつばさ」のエクステリアデザインにより「新幹線初のリゾート列車という新しい観光商品の成功と地域活性化に尽力」したことに対して感謝状を頂戴いたしました。
とれいゆつばさは、山形のシンボル月山にちなんだ「月山グリーン」をテーマカラーとし、最上川のブルーを先頭に配しています。特徴的なおおらかな円弧は月山や沿線の山々を表現しており、全体を蔵王の清々しい白で包み込んだデザインになっています。福島~新庄間を中心に、土休日に運行しています。多くの方にとれいゆつばさにご乗車頂き、東北地方がますます盛り上がることを願っています。
KEN OKUYAMA DESIGN got a testimonial from JR East for making an effort of exterior designing work of Toreiyu Tsubasa which is the first resort train as a new product of sightseeing and for a regional vitalization through it.
Toreiyu Tsubasa has a theme color “Gassan green” of Yamagata’s symbolic Gassan mountain and blue of Mogami river on the front nose. The characteristic arcs are representing Gassan and other mountains along the railroad line then the whole body is wrapped by Zao’s refreshing white. The train runs on weekend and holidays between Fukushima and Shinjo. We hope many people will get on Toreiyu Tsubasa and liven up Tohoku region more and more.

▶とれいゆつばさ オフィシャルサイト

 

16

news 2015.03.16

タグホイヤー 時計 車 デザイン

“TAG HEUER × KEN OKUYAMA / ISHIDA GALLERIA”が新宿にオープンして1ヶ月が経ちました。TAG HEUERとKEN OKUYAMA DESIGN、この2社の初のコラボショップ誕生までの秘話がPEN 4/1号(CCCメディアハウス)にて詳しく紹介されています。常設店とは異なる世界観を表現したこちらの限定ショップにもぜひお越しください。
“TAG HEUER × KEN OKUYAMA / ISHIDA GALLERIA” has opened at Shinjuku and one month has passed ! A secret story of a first collaborated shop of TAG HEUER and KEN OKUYAMA DESIGN introduced on Pen April 1st. issue (CCC Media House). Please visit and enjoy our limited shop where you can find a special atmosphere different from the permanent shops.

▶TAG HEUER × KEN OKUYAMA / BEST ISHIDA 公式HP

 

16

news 2015.03.16

北陸新幹線 JR デザイン 

本日発売のDIME 5月号(小学館)では、KEN OKUYAMA DESIGNがインテリアからエクステリアまで全てのデザイン監修をした話題のE7/W7系北陸新幹線が取り上げられています。北陸新幹線は、「和の未来」というデザインコンセプトのもと設計されました。奥山がそのデザインの魅力について本誌で語っています。
Today, DIME May issue (Shogakukan) is published and talks about E7/W7 series Hokuriku Shinkansen that KEN OKUYAMA DESIGN supervised everything from exterior to interior. Hokuriku Shinkansen is designed with a concept of ” The future of Japanese sense of harmony”. Okuyama talks about attractiveness of Hokuriku Shinkansen in this book.

▶DIME オフィシャルサイト

 

14

news 2015.03.14

E7系・W7系北陸新幹線は、本日、3月14日(土)に金沢・富山~東京・長野間が開業しました。KEN OKUYAMA DESIGNは、北陸新幹線のエクステリアからインテリアまで全てのデザイン監修を致しました。伝統的な文化をもつ北陸各地を走る新幹線のデザインコンセプトは「和の未来」。北陸の青い空、陶磁器の白、そして象嵌細工などに使われる銅色は、新しい日本の新幹線に相応しい鮮烈な外装色を生みました。室内には、沿線の多彩な文化や四季折々の要素を随所にちりばめています。詳細は北陸新幹線スペシャルサイトをご覧ください。
The service of Type E7 and W7 Hokuriku Shinkansen between Kanazawa to Tokyo and Nagano through Toyama is finally starting today, March 14th. KEN OKUYAMA DESIGN supervised everything from exterior to interior of this bullet train. The design concept is ” The future of Japanese sense of harmony” which reflects the traditional culture of Hokuriku region where the train is passing by.This vivid exterior colors of Japanese brand-new Shinkansen are inspired from the blue sky of Hokuriku, the white of pottery and the bronze from inlay work. We also used traditional elements of the sequence of the seasons and colorful local culture along the railroad line. Please watch for our styling too.
《画像提供:JR東日本》

▶北陸新幹線スペシャルサイト/JR西日本様


14

news 2015.03.14

北陸新幹線 新聞 デザイン 

今朝、E7系・W7系北陸新幹線は、金沢・富山~東京・長野間が開業しました。本日付 日経新聞の朝刊「北陸新幹線開業広告特集」など各紙に奥山のコメントも掲載されていますので、是非ご覧ください。
Today, the E7/W7 series Hokuriku Shinkansen is starting the service from Kanazawa to Tokyo and Nagano through Toyama. Okuyama’s interview is placed on the special advertisement featuring on Hokuriku Shinkansen in the Nikkei newspaper, March 14th. and others.

 

© 2019 KEN OKUYAMA DESIGN. ALL RIGHTS RESERVED.