BACK TO TOP
28

news2020.08.11

 
奥山清行がCDO(チーフ・デザイン・オフィサー)として全体のデザインを統括するOsaka Metro Groupのバス会社・大阪シティバスの新しい路線バスのデザインが発表されました。
KEN OKUYAMA DESIGNがデザインした車両は、「大阪のシンボルとしての路線バス」としてこれまで長年親しまれてきた車体カラーのグリーンを踏襲し、「市民生活に根ざした路線バス」として、信頼、安心を象徴したホワイト、また「未来の大阪へ走る路線バス」として、港町・大阪の海、大阪シティバスとOsaka Metroを象徴するブルー、これらをこれまでの40年からこれからの未来へ、時代の扉を開いて前進する様子を斬新な縦グラデーションで表現し、皆様に愛されるバスを目指してデザインしました。また、前後のドアは車体と識別しやすいよう黒色にし、インバウンド向けにドアの上部に白文字で「ENTER」「EXIT」の文字を表記(日本語でも扉横に入口、出口を併記)し、「後から乗車し、前から降車する。」ことがわかりやすいよう利便性向上にも配慮しています。

 

The design of the new local bus of Osaka City Bus, a bus company of The Osaka Metro Group, where Kiyoyuki Okuyama (Ken Okuyama) supervises the overall design as CDO (Chief Design Officer), was announced.   The vehicle designed by KEN OKUYAMA DESIGN, follows the green of the body color that has been popular for many years as a “route bus as a symbol of Osaka”,  and was designed to be a “local bus rooted in citizen life” with the aim of being loved by everyone.  In addition, the front and rear doors are colored black so that it is easily identified with the body,  and the signs of “ENTER” and “EXIT” on the doors make passengers from foreign countries easy to understand  “to get on from the rear, get off from the front. 
© 2020 KEN OKUYAMA DESIGN. ALL RIGHTS RESERVED.